不動産投資の情報盛りだくさん

まるごと不動産投資

不動産投資のデメリット1

不動産投資のメリットは知って貰えたと思いますが、必ずしもメリットだけがあるわけではありません。不動産投資がメリットだらけでしたら今頃みんな不動産投資しているはずですからね(笑)やはりデメリットというのも存在しているわけですよ。ここではそれを紹介していきますのでメリットと見比べてみてよく考えて下さい。

まず不動産投資のデメリットとしてあげられることは、空室が出てくるというリスクです。アパートやマンション経営を行う場合、利用者が部屋を借りて、家賃を払って貰って初めて「利益」が生じます。しかし、常に部屋が満室になるとは限りませんし、入居者が出て行った後に直ぐ新たな利用者が入ってくると言うこともあまり考えられることではありません。家賃収入というのは、マンションの大きさや部屋の数、そしてその他の経費などを計算して算出する物です。当然ながら、空室の状態が続いたり、空室が増えたりすると予測していた収入が得られなくなってしまいます。これが空室のリスクと呼ばれるものです。このリスクを回避する為には、いかにして入居率を高い水準で保てるかがカギを握ってくるでしょう。

また、空室のリスクと密接な関係があるデメリットとして、家賃の下落が挙げられます。入居率が下がり、空き部屋が目立ってくるようになると、当然ながら経営している人間はどうにかして住んでもらおうと考えるはずです。そうするとどうにかして入居してもらう為に必然的に家賃を下げると言うことになるのです。家賃を下げると言うことは、もし入居してもらったとしても自分の収入は0になってしまうと言うことと全く同じ事なのです。

check

亀頭増大手術
http://www.fbc-glans.com/
天然石ビーズのパワーストーン
http://www.purestone.jp/

2016/6/15 更新